「スマート相続診断」では質問項目にチェックするだけで問題点や解決のヒントのアドバイスを受けられる「WEB問診」と実際に親族関係や財産債務を入力すると相続税の計算ができるアプリ「スマート相続診断」を提供しています。

まずは無料で診断してみましょう!


ご自身の診断を行う方へ

ご自身の診断を行う方へ

相続開始してから遺族の方が感じること

•財産リストがあったら手続きや話し合いがすぐ始められたのになぁ
•日頃仲のいい家族だけに財産の分け方も指示してもらっていたらなぁ
•だれか頼りになる相談相手はいないかなぁ

日頃、相続の話題を避けていると残された家族が手探りで手続きを始めなければなりません。葬儀の執り行いだけでも大変だったのに、四十九日が終えたあたりから財産目録を作成し、相続人を集めての話し合い、さらに税務申告と慣れないことの連続です。

途中で意見の対立があったら話し合いを繰り返して取りまとめなければなりません。「わしの死んだ後のことは知らん。」ではなく、築き上げた財産がズタズタにならないようにも「財産リスト」「遺言」の準備が必要です。

ご家族の診断を行う方へ

ご家族の診断を行う方へ

相続税の納税は相続で受け継いだ財産から納税することが原則です。しかし、話し合いがうまくいかない状況で申告期限を迎えると「配偶者の税額軽減」「小規模宅地の評価減」などの特例が使えなくなり、税負担が増えてしまいます。

また引き継ぐ財産が不動産や同族会社株式が多いと、処分するか元々のご自身の財産を切り崩して相続税を納付しなければならないケースも出てきます。さらに分割でもめると銀行預金の引き出しもできず、自らの財産で様々な支払いを立替えなければなりません。

つまり相続税の納税資金は「相続財産+自分の財産」で準備するということです。財産を引き継がせるためにキャッシュを残す必要もありますが、財産を引き継ぐ方にもキャッシュが必要となります。

よく少しお金が貯まったからと言って「ローンがあるのは気持ち悪いから返してしまおう。」とおっしゃる方がいますが、低金利の時代においてはローンを繰り上げ返済するよりもキャッシュを蓄えることのほうが重要となります。

納税資金や分割協議での微調整のためにも現預金の準備は欠かせません。


まずは無料で診断してみましょう!