みなし相続財産

 
みなし相続財産 (みなしそうぞくざいさん)

みなし相続財産とは、相続税法上、被相続人が持っていた財産ではないが被相続人の死亡を原因として相続人のもとに入ってきた財産をいい、相続税の課税対象となります。民法上は相続財産ではないので遺産分割協議の対象にはなりません。代表的なものに死亡保険金と死亡退職金があります。被相続人が亡くなったことによって、保険会社や勤務先から支払われます。これらは共に非課税限度額【500万円×法定相続人の数】があります。非課税限度額を超えた分が相続財産となります。*死亡保険金の課税関係は、保険の対象者・保険料の支払者・保険金の受取人が夫々誰であるかにより異なりますので注意が必要です。