みなし贈与

 
みなし贈与 (みなしぞうよ)

みなし贈与とは、当事者双方の合意により結ばれた贈与契約ではなく、実質的に贈与を受けたことと同じような経済的利益があるならば、贈与があったとみなされることをいいます。双方の合意に基づいた贈与であれば、必要に応じて贈与税の支払いをしていますが、みなし贈与の場合は、当事者が贈与と認識していないことも多く、後日税務署の指摘により知ることもあります。具体的なみなし贈与の例として、①本来の価値よりも安く財産を譲り受けた場合の差額部分、②住宅購入時に登記した所有権の持ち分割合と購入資金の負担割合が異なる場合、などが挙げられます。