代襲相続

 
代襲相続 (だいしゅうそうぞく)

相続開始時に法定相続人がすでに亡くなっていた場合、代襲相続人が代わりに相続することがあります。代襲相続が開始される要件は次の通りです。① 被相続人の子または兄弟姉妹が相続人となる場合であること。(つまり孫や甥・姪)②代襲原因があること。代襲原因とは、相続人がどのような理由で相続権を失ったのかということです。対象となるのは、死亡、相続欠格または廃除です。しかし、その理由が相続放棄による場合は、代襲原因とはなりません。③相続開始時に被代襲者の直系卑属である子が現存していること。代襲者である孫もすでに亡くなっていた場合は、その子つまり曾孫が代襲します。それ以下についても同じ扱いになります。これを再代襲といいます。ただし、兄弟姉妹が相続する場合再代襲は認められません。甥や姪の子が代襲することはありません。