保証債務

 
保証債務 (ほしょうさいむ)

保証債務とは、本来の債務者がその債務を弁済しない場合に,債務者に代わって弁済する義務のことをいいます。したがって,本来の債務者が倒産したり行方不明になったりしてその債務を弁済しないときには,保証人が本来の債務者に代わって債務の弁済をしなければなりません。本来の債務者が負っている債務とは別個の債務となります。この保証債務も相続によって当然に相続人に継承されます。
例外として、身元保証と信用保証は具体的な債務が発生していない限り、相続する必要はありません。身元保証とは、就労や建物賃貸借時に行うものですが、あくまでも個人的な信頼をもとに締結されるものです。信用保証とは、企業などが継続的な取引を行う際に、限度額も保証期間の定めもない債務の保証を行うことをいいます。
保証債務を相続したくない場合は、「相続放棄」や「限定承認」という相続の手続きを取る必要があります。