借家権割合

 
借家権割合 (しゃくやけんわりあい)

所有している家屋を貸している場合に、通常の家屋の評価額に対する貸家の評価額(借家権部分)の割合のことをいいます。これは、国税局長の定める割合によって決まりますが、現在、全国のほとんどの地域が30%となっています。