債務控除

 
債務控除 (さいむこうじょ)

相続人は財産を取得するとともに、被相続人の債務(生前の借入金、未払いの税金等)の支払をしなくてはなりません。相続税では被相続人の財産から、債務を控除して計算します。たとえば他の者の連帯保証人になっているなどの保証債務は、実現していませんので控除することができません。ただし、債務控除の適用があるのは財産を取得した相続人に限られています。同じような性格のものに葬式費用の控除があります。