公正証書遺言

 
公正証書遺言 (こうせいしょうしょゆいごん)

公正証書遺言とは、公証人が公正証書を作成することによって行う遺言です。具体的には、遺言する人が、公証人の前で、遺言の趣旨を口頭で述べ、公証人がこれを筆記するなどして公正証書を作成します。公正証書遺言は、法律の専門家である公証人が作成するため、内容が正確です。また、公証人も遺言書原本を保管するため、偽造・変造の危険が少ないという長所もあります。そのため、家庭裁判所での検認手続も不要となります。しかし、公正証書を作成するには、通常は遺言する人が公証役場に出向いて、公証人に作成してもらわなければなりません。また、2人以上の証人が必要とされていますが、証人は遺言作成中ずっと遺言作成手続に立ち会うことが要求されます。このように、公正証書遺言には、作成手続が面倒であるという短所があります。