初七日法会費用

 
初七日法会費用 (しょなのかほうえひよう)

初七日は死後7日目にあたる日に行う法要をいい、葬儀後、最初に行われる大事な供養です。遺族・親族をはじめ故人と親しかった人を招き、僧侶に読経してもらい、招いた人達に焼香していただき、一同を茶菓や精進料理で接待します。以前は、中陰の期間(四十九日)の間は、七日ごとに集まり、法要することで、死者を弔い、また周囲の人が遺族の悲しみを思いやりましたが、時代の変化とともに変わっていっています。