利益相反取引

 
利益相反取引 (りえきそうはんとりひき)

利益相反取引とは、様々な法律で定められていますが、全体に共通することは、ある行為を行う時に、自己や第三者の利益を図り、依頼者や本来守るべき側の利益を損なう取引をいいます。一般に利益相反取引というと、会社法に定める利益相反取引を指すことが多く、取締役が会社の利益を犠牲にして,自己または第三者に利益をもたらす取引をいいます。このような取引を行う場合、会社法により、会社の利益を保護するために株主総会や取締役会の承認を得ることを求めています。