単純承認

 
単純承認 (たんじゅんしょうにん)

相続人が無限に被相続人の権利義務を承継することを単純承認といいます。つまり、単純承認がなされた場合、仮に被相続人の債務がその財産の額を上回るときでも、相続人は自らの財産で弁済する義務を負うことになります。単純承認するとの意思表示をしていなくても、放棄も限定承認もしなければ、単純承認したものとみなされます。また、相続人が相続財産を処分したり、隠匿したりした場合も、単純承認したものとみなされます。