同時死亡

 
同時死亡 (どうじしぼう)

交通事故や災害などで複数の親族が死亡した場合に、どちらが先に亡くなったかによって相続の状況(税金だけでなく分割方法も)も大きく変わります。このような場合、民法では同時に死亡したとみなして手続きを開始します。この場合、税金の計算上も死亡した者同士に関してはお互いに相続しないとして扱うことになります。