固定資産評価額

 
固定資産評価額 (こていしさんひょうかがく)

固定資産評価額とは、総務大臣が定めた固定資産評価基準に基づいて、市町村長が決定した価格をいいます。3年に1回定められます。そのため、実際の不動産売買価格とは全く関係ありません。
土地・家屋の固定資産税、不動産取得税、登録免許税などの税額を計算するときの基となります。相続税や贈与税の計算においては、この価額をもとに建物を評価します。また、土地の評価においても路線価がない場合は、固定資産税評価額に地域ごとに定められた倍率を乗じて算出します。
固定資産評価額を知るには、固定資産税の納税通知書に同封された課税明細書を見るか、管轄する市区町村に評価証明書を発行してもらう必要があります。ただし、評価証明書は誰にでも交付されるものではありません。