基礎控除

 
基礎控除 (きそこうじょ)

相続税の基礎控除とは、相続財産の金額や種類にかかわらず、一定の非課税枠が設けられており、以下に示した算式で計算した金額を相続財産から控除することをいいます。【相続税の基礎控除額=3,000万円+(600万円×法定相続人の数)】相続税は、相続財産(課税価格)から基礎控除額を引いたものに対してかかります。被相続人の相続財産が基礎控除額よりも少なければ相続税はかかりません。法定相続人の数の数え方も決まっています。①法定相続人の数は、相続の放棄をした人がいても、その放棄がなかったものとして数えます。②法定相続人のなかに養子がいる場合は、被相続人に実子が有無により変わります。実子がいる場合、養子のうち1人までを法定相続人に含め、被相続人に実子がいない場合、養子のうち2人までを法定相続人に含めます。