定期借地権

 
定期借地権 (ていきしゃくちけん)

従来の借地権と異なり、当初定められた契約期間で借地関係が終了し、その後の更新はありません。この制度により、土地の所有者は従来に比べ安心して土地を貸すことができ、借り主は、従来より少ない負担で良質な住宅を持つことができます。定期借地権の評価額は、相続開始時期において、おもに借地人に帰属する経済的利益および、その存続期間をもとに評価が行われます。