定期金

 
定期金 (ていききん)

相続税法においては、民間の個人年金保険などを指し、契約者、被保険者、年金受取人が全て被相続人である保険を相続人が相続し年金の方法により支給を受ける場合には、年金受給権の評価額が相続税の課税対象となります。このように、契約によりある期間、定期的に金銭その他の給付を受けることを目的とする権利を定期金といいます。