家督相続

 
家督相続 (かとくそうぞく)

戸主が死亡した際に、一人の相続人が戸主の身分・財産を相続する制度です。一般的には嫡出男子の年長者が相続しておりましたが、第二次大戦後にこの制度は廃止されました。江戸時代に発達した武士階級の家父制度を基につくられたと言われております。法改正後は長男次男など関係なく、子や配偶者であれば平等に相続することが可能な法定相続制度が定められました。