寄与分

 
寄与分 (きよぶん)

寄与分とは、被相続人の財産形成に貢献した相続人と、それ以外の相続人との公平をはかるために導入された制度です。
寄与分は原則として相続人全員の協議で決めます。これがまとまらないときは、家庭裁判所に調停や審判を申し立てることになります。