延納

 
延納 (えんのう)

納付する税額が10万円を超え、金銭で納付することを困難とする事由がある場合には、納税者の申請により、その納付を困難とする金額を限度として、担保を提供(相続税の場合は延納税額が100万円以下(贈与税の場合は50万円未満)で、かつ、延納期間が3年以下である場合には担保を提供する必要はありません。)することにより、年賦で納付することができます。これを延納といいます。この延納期間中には利子税の納付が必要となります。