持ち戻し

 
持ち戻し (もちもどし)

相続人のうち一部が特別受益を得ていた場合、被相続人の合理的意思を推測し、相続人間の公平をはかるため、その特別受益分を加算して具体的相続分の算定を行います。これを特別受益の持ち戻しといいます。しかし、被相続人が持戻しを希望しない意思を表明していた場合には持戻しを行いません。これを特別受益の持戻しの免除といいます。