普通養子

 
普通養子 (ふつうようし)

親子関係のない者同士を、法律上親子関係があるものとすることを養子縁組といいますが、そのうち一般的な方法が普通養子です。普通養子とは、養子が実親との親子関係を存続したまま、養親との親子関係をつくるという二重の親子関係となる縁組のことをいいます。養子は実子と同様に、養親の法定相続人になります。さらに、普通養子では、実親との親子関係が存続したままですので、実親、養親の双方に対し相続権を持ちます。相続税法上においては養子について制限を設けています。法定相続人の数に入れることのできる養子は、実子がいる場合は1人まで、実子がいない場合は2人までとなります。普通養子は縁組当事者の協議で、離縁が可能となります。