検認

 
検認 (けんにん)

家庭裁判所が、遺言書の偽造や隠匿を防ぐため、遺言書の形式などを調査し内容を明確にして相続人に知らせることを言います。遺言書の保管者、または遺言書を発見した相続人は、すみやかに家庭裁判所に提出して検認を受けなければなりません。封印のある遺言書は、家庭裁判所にて相続人またはその代理人の立会いがなければ開封することは認められておりません。