死因贈与

 
死因贈与 (しいんぞうよ)

死因贈与とは、生前に「私が死んだら、あなたにこの土地をあげるよ。」との言葉にたいして「ありがとうございます。では、いただきます。」と受託することで成立する法律行為です。遺贈の場合は、遺言者の一方的な意思表示によって行われますが、この点で、大きく異なっています。死因贈与は遺言と違い、民法で定める方式がありませんので、自由に取り決めることができます。たとえば、口頭による口約束であったとしても成立します。書面によらない贈与は、履行前であれば、いつでも自由に撤回することができます。無用なトラブルを避ける意味でも、死因贈与は契約意思を明確にする書類を作成すべきです。しかし、書面による死因贈与契約をした場合でも、原則として自由に撤回することができるとされています。死因贈与は贈与税の対象と思われがちですが、遺贈と同様に相続税の対象となります。