民事信託

 
民事信託 (みんじしんたく)

民事信託とは、受託者が限定された特定の者を相手として、営利を目的とせず、継続反復ではなく、1回だけ引き受ける信託です。 一般に聞く信託は、信託銀行などが行う営利を目的とし、不特定多数の者を相手に反復継続して行う行為で、信託業法の免許を必要するものです。民事信託は、1回限りなので免許は必要なく、一般の人々が財産管理の一つの手法として利用できる信託制度です。民事信託の中でも、信用できる自分の家族を受託者として財産管理を任せる仕組みを家族信託と呼ぶことがあります。相続や老後、病気といった家族の問題を解決するに適しています。