法定相続人

 
法定相続人 (ほうていそうぞくにん)

民法で相続人になれる人を決めており、それが法定相続人となります。死亡した人の配偶者は常に相続人となり、それ以外の人は、次の順序で相続人になります。第1順位 死亡した人の子供、子供が死亡していれば、孫が相続人となります。第2順位 死亡した人の直系尊属(父母や祖父母など)第2順位の人は、第1順位の人がいないときに相続人になります。第3順位 死亡した人の兄弟姉妹、兄弟姉妹がすでに亡くなっているときは、その子供が相続人になります。相続を放棄した人は初めから相続人でなかったものとされます。また、内縁関係の人は、相続人になれません。