準確定申告

 
準確定申告 (じゅんかくていしんこく)

故人の1月1日から死亡した日までに確定した所得金額及び税額を計算して、相続の開始があったことを知った日の翌日から四ヶ月以内に申告と納税をすることをいいます。個人事業を営んでいた人や、不動産を賃貸していた人、また譲渡所得がある人は、準確定申告をする必要があります。また、収入が給与・年金だけだった人は一年分の収入を見越して源泉徴収されているため、準確定申告をすると還付になる可能性があります。