熟慮期間

 
熟慮期間 (じゅくりょきかん)

相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内に、単純承認もしくは限定承認または相続放棄をしなければなりません。この3ヶ月間をいわゆる熟慮期間といいます。ただし、相続財産の構成の複雑性や、相続人が遠隔地に所在することなどによって、相続財産の調査・考慮に3ヶ月以上の期間を要すると認められる場合には、熟慮期間は請求により伸長されることもあります。