物納の撤回

 
物納の撤回 (ぶつのうのてっかい)

物納の許可を受けた後に、物納に係る税額を金銭により一時に納付又は延納により納付することができることとなったときは、その物納の許可を受けた後、1年以内に申請することにより、税務署長の承認を得てその物納を撤回することができます。(ただし、撤回の承認を得ようとする財産が既に換価されていたとき、又は公用若しくは公共の用に供されており若しくは供されることが確実であると見込まれるときは、物納の撤回は承認されません。)