物納劣後財産

 
物納劣後財産 (ぶつのうれつございさん)

物納に充てることのできる順位が後れるものとして取り扱う財産で、財産の使用収益等に一定の制約が課されているものなど、他の財産に比べて物納許可後の財産の売却等がしにくいと考えられることから、他に物納に充てるべき適当な価額の財産がある場合はこれを物納に充てることができないこととされています。したがって、他に物納に充てるべき適当な価額の財産があると認められるにもかかわらず、物納劣後財産が物納申請されてきた場合には、この物納申請は却下されることになります。