特別受益

 
特別受益 (とくべつじゅえき)

特別受益とは、特定の相続人が被相続人から遺贈を受けたり、結婚・養子縁組のときなどに生前贈与を受けたりした財産のことをいいます。特別受益制度は、共同相続人の中にそのような特別受益を受けた者がいる場合に、相続分算定の際にこれを考慮する制度です。例えば、被相続人に相続人として3人の子がいた場合、このうちの1人が被相続人の生前に多額の贈与を受けていたときに、この贈与を無視して3人の具体的相続分を算出するのは不公平です。このような不公平を是正し、相続人間の公平を図るのが特別受益制度です。