生命保険金

 
生命保険金 (せいめいほけんきん)

生命保険金は、一般に、保険金を受け取る権利は保険契約に基づく受取人の固有の財産です。けれども、相続税法上は「みなし相続財産」として相続税の課税対象となります。
相続税の課税対象となる生命保険金は、被相続人の死亡によって、生命保険契約や損害保険契約に基づき支払われた保険金で、その保険料の全部または一部を被相続人が負担していたものをいいます。
受取人が被相続人の相続人であるときは「相続」により取得したものとみなされ、相続人以外の者であるときは「遺贈」により取得したものとみなされます。 
相続人が受け取った保険金の合計額に対して、次の算式による一定の非課税限度額があります。 【非課税限度額=500万円×法定相続人の数】そのため、相続人が受け取った保険金のうち非課税限度額を超える部分及び相続人以外の者が受け取った保険金が相続税の課税対象となります。