申告納税方式

 
申告納税方式 (しんこくのうぜいほうしき)

納税者の納付すべき税額を納税者自身で行う申告行為によって原則確定し、その申告がないか、その申告に係る税額等が異なる場合に税務署長の処分により確定する方式をいいます。現在、国税のうちほとんどの税目は申告納税方式によっています。相続税・贈与税も申告納税方式によりますので納税義務者自身が申告を行う必要があります。