直系尊属

 
直系尊属 (ちょっけいそんぞく)

直系尊属とは、父母・祖父母など自分より前の世代で、直通する系統の親族のことです。また、養父母も含まれます。相続の場合で、直系尊属が相続人になるのは、被相続人に第1順位の子や孫がいないときや、子供の全員が相続放棄したときです。父母と祖父母は、同時に相続人になることはありません。父母が存在しないときにのみ祖父母が相続人となります。贈与税では、直系尊属から贈与を受けた場合に、通常より税率が軽減される特例があります。さらに、直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税、直系尊属から教育資金の一括贈与を受けた場合の非課税、直系尊属から結婚・子育て資金の一括贈与を受けた場合の非課税などの制度があります。