相当の地代

 
相当の地代 (そうとうのちだい)

法人が借地権の設定により他人に土地を使用させる場合、通常、権利金を収受する慣行があるにもかかわらず権利金を収受しないときには、原則として、権利金の認定課税が行われます。しかし、権利金の収受に代えて相当の地代を収受しているときは、権利金の認定課税は行われません。相当の地代の額は、原則として、その土地の更地価額のおおむね年6パーセント程度の金額です。