相続の排除

 
相続の排除 (そうぞくのはいじょ)

被相続人は、「推定相続人の排除」という民法上の手続きを行うことにより、相続人の相続権を奪うことができます。
この手続きは家庭裁判所に申立てて、調停または審判により審理されます。
排除の事由としては、被相続人に対する虐待や重大な侮辱を加えたときまたはその他の著しい非行があったときとされています。