相続の放棄

 
相続の放棄 (そうぞくのほうき)

相続を放棄する場合は、相続をできることを知った日から三ヶ月以内に家庭裁判所に相続放棄申述書を提出しなければなりません。相続を放棄すると、最初から相続権がなかったものとみなされ、他の相続人の権利について発言することができなくなりますが、亡くなった人の借金の返済義務なども負う必要がなくなります。なお、死亡退職金や生命保険金などの相続財産に含まれないものは、受けとることが可能です。