相続の欠格

 
相続の欠格 (そうぞくのけっかく)

法定相続人が相続を目的として遺言書を偽造した、故意に被相続人殺そうとした、恐喝して不正な利益を得ようとした場合に、その法定相続人は相続人の資格を失います。これを相続の欠格といいます。なお、相続欠格者は代襲原因にあたるので、欠格者の子は代襲相続することができます。