相続の開始があったことを知った日

 
相続の開始があったことを知った日 (そうぞくのかいしがあったことをしったひ)

一般的には、相続の開始があったことを知った日とは、被相続人の死亡した日となります。法律の不知により、自らが相続人となることを知らなかったというのは、相続開始時期を遅らせる理由にはならないのです。しかし、相続には順位があるため、先順位相続人が相続放棄をすると次順位相続人が相続人となります。この場合、法律の不知は理由にはならないため、相続放棄について特別な判断を認めてもらうように家庭裁判所に申し立てを行う必要があります。