相続人

 
相続人 (そうぞくにん)

法律によって、財産などの様々な権利や義務を承継する人のことを呼びます。また、被相続人が亡くなったときに民法上、相続する権利がある人のことを法定相続人といいます。
また、子(養子含む)のことは直系卑属といい、父母あるいは祖父母のことは直系尊属と呼ばれます。兄弟姉妹、あるいはその子供は、直系卑属や直系尊属が誰もいないときにはじめて相続人となることができるのです。