相続分

 
相続分 (そうぞくぶん)

相続分とは、相続人間における相続財産の上に持つ権利・義務の承継割合をいいます。
相続分には、民法の定めによる「法定相続分」と被相続人が遺言で定めることができる「指定相続分」の2種類あります。
自分の世話をよくしてくれた子供に、他の子供よりも多く遺産をあげたいと考えている場合、生前にどの財産をどのように相続して欲しいのか、遺言書を作成することで自由に意思表示できます。この遺言によって被相続人自らが定めた各相続人に対する承継割合が指定相続分です。但し、一定の相続人には最低限留保された遺留分という制度がありますので、被相続人と言えども全て自由に自分の財産を処分することはできません。
被相続人の意思表示である「指定相続分」が「法定相続分」に優先します。けれども、遺言がまだまだ一般化していない日本においては、「法定相続分」によって取扱われることが多くなっています。