相続回復請求権

 
相続回復請求権 (そうぞくかいふくせいきゅうけん)

相続回復請求権とは、法的には相続人でない者が「相続した」として相続財産を占有して真正な相続人の相続財産を侵害している場合に、その侵害を排除して、相続財産の回復を請求する権利です。この権利は、相続人またはその法定代理人が、相続権を侵害された事実を知った時から5年間行使しないときは時効によって消滅します。また、相続開始の時から20年を経過しても消滅します。