相続時精算課税制度

 
相続時精算課税制度 (そうぞくじせいさんかぜいせいど)

贈与財産を贈与時の時価で相続財産に合算して相続税を計算する制度です。贈与する人は60歳以上、もらう人は20歳以上の推定相続人と孫のみです。この制度を使うには届出が必要で、贈与時の時価で課税されます。特別控除額は贈与者一人毎に2,500万円で、税率は一律20%です。一度選択すると暦年課税制度には戻れません。