相続税

 
相続税 (そうぞくぜい)

相続税とは、個人が被相続人から相続などによって財産を取得した場合に、その取得した財産に課される税金です。相続税の申告が必要となる場合には、被相続人の亡くなった日の翌日から10か月以内に、被相続人の住所地を所轄する税務署に相続税の申告書を提出しなければなりません。1905年4月より、日本では相続税が導入されました。このときは遺産税方式でした。現在の遺産取得税方式になったのは、1951年シャウプ勧告を受けて構成されたものを基盤としています。日本のみならず諸外国でも相続税はありますが、香港や中国、マレーシアなど相続税のない国もあります。