相続財産の未分割

 
相続財産の未分割 (そうぞくざいさんのみぶんかつ)

相続税の申告期限までに遺産分割が成立しない場合、未分割でも申告書を提出しなければなりません。未分割のときは、各相続人が、法定相続分にしたがって財産を取得したものとして、相続税の計算をして申告と納税をします。この場合、相続税の特例である「配偶者の税額軽減」「小規模宅地等の評価減」は分割が確定するまで受けることができません。一定の手続きをすることにより、分割が成立した日の翌日から4か月以内までに更正の請求を行うことで、これらの特例の適用を受けることができます。