相続財産法人

 
相続財産法人 (そうぞくざいさんほうじん)

民法の規定による相続人がいない場合、特別な手続きをしなくてもその財産は民法の規定により「相続財産法人」となります。この場合、利害関係人や検察官の申し立てによって家庭裁判所が選任した相続財産管理人が管理することになります。相続財産管理人は相続財産について特別縁故者への分与などにより整理清算しますが、残った財産については国庫に帰属することになります。