純資産価額方式

 
純資産価額方式 (じゅんしさんかがくほうしき)

仮に評価会社が解散した場合に、その会社の株主に分配されるはずの正味の財産価値で評価しようとするものです。そして、正味財産価値は会社の保有する個々の資産の相続税評価額を基に算出することになります。会社の清算価値をもって株価を計算する方法であるため事業を継続している会社の企業価値を十分に反映しているとはいえませんが、上場企業の株価を基に計算する類似業種比準価額方式と比べ、規模の小さい企業には適しているといえます。