胎児

 
胎児 (たいじ)

通常、胎児には権利能力は認められませんが、相続の場合だけは例外的に権利能力が認められています。(胎児は、相続に関しては、すでに生まれたものとみなすと民法886条に規定されています。)夫が死亡して妻と胎児が相続人である場合、胎児は未成年者ですので代理人が必要ですが妻(母)は同じ相続人同士で利害が対立しますので代理人にはなれません。通常は、無事に生まれてきてから分割協議を整えます。