自筆証書遺言

 
自筆証書遺言 (じひつしょうしょゆいごん)

自筆証書遺言とは、遺言する人が遺言書の全文・日付・氏名を自書し、これに押印するだけで成立する遺言をいいます。このように遺言する人が一人で作成できるため、いつでもどこでも簡単に作成できる遺言であるとともに、遺言の存在自体を秘密にできるという長所があります。その反面、紛失してしまったり、偽造・変造されたりするなどの危険があり、文意が不明確なために効力が問題となる可能性も大きいという短所があります。また、遺言の内容を実現するためには、家庭裁判所における検認という手続きが必要となります。そして、遺言書が偽造・変造されるのを防ぎ、遺言する人の真意によるものであることを保証するために、全文を自書することが求められます。パソコンやタイプライターなどを使って作成したとしても無効となります。また、テープレコーダーやVTRなどに肉声を録音して遺言をしたとしても、自書したとはいえないので、このような遺言も一般的には無効となります。