葬式費用

 
葬式費用 (そうしきひよう)

葬式費用は債務ではありませんが、相続財産から差し引くことができます。これは、一般に葬式が行われないことはないので、被相続人のマイナスの相続財産として考えられているためです。葬式費用に該当するものは、葬儀、お布施、火葬・埋葬、納骨、遺体の捜索・回送にかかった費用などです。香典返しや初七日等の法要費用、墓石・墓地購入の費用などは含まれません。
葬式費用などを差し引くことのできる人は、その葬式費用などを負担することになる相続人などの財産を受け取った人です。相続開始日に日本国内に住所を有しない場合は控除出来るかどうか判断する必要が出てきます。
葬儀を執り行った人は、被相続人が加入している健康保険団体に申請することで、葬祭費や埋葬費として一時金を受け取ることが出ます。こちらは相続財産に含まれません。