認知

 
認知 (にんち)

認知とは、非嫡出子(父と母の間に婚姻関係がない子)と血縁上の父親との間に、法律上の父子関係を生じさせるものです。認知には、任意認知と強制認知とがあります。任意認知とは、父親がその子が自分の子であることを承認する意思表示として認知届を出すことによって行うものです。そして、強制認知(認知の訴え)とは、任意認知がなされない場合に、子から父親に対して、父親の意思に反してでも父子関係を確定させるものです。
認知によって、父親の子に対する扶養義務が生じます。その反面、子が成人になると、生活に窮した父親を扶養する義務を負うことがあります。また、認知後は、父親の戸籍に入って父親の氏を名乗ることや、父親を親権者にすることもできます。